高速道路に関するトリビア特集

自動車を運転する方なら、一度は高速道路を利用したことがあるはずです。運転免許取得の際の教習所でも、高速教習が行われる地域が一般的です。
普通自動車なら制限速度が時速100kmとなるため、ついつい速度を出しすぎてしまいがちですが、この速度に関して特に注意が必要なのです。
道路上にはHシステムというシステムが導入されており、走行する自動車は常に監視されているのです。
Hシステムは速度違反を取り締まるもので、車両の写真を撮影します。最近の機種では撮影後に無線で警察署へ送るため、フィルム切れといった機能不全はありません。Hシステムが設置されている区間には「自動速度取締機設置区間」という看板があるので、見落とさないようにしましょう。
似たようなものに、Nシステムがあります。Nシステムは自動車ナンバー自動読取装置のことで、自動車のナンバーを自動で読み取り、犯罪捜査などに活用されます。よく誤解されるのですが、Nシステムは速度違反は取り締まりません。あくまでナンバーを確認するための装置です。
速度超過は大事故につながる非常に危険な行為です。設置されているシステムにかかわらず、安全運転を心がけ楽しいドライブを満喫しましょう。

TOPへ戻る