エアクリーナーの交換のポイント

2016年5月17日 / 未分類

エアクリーナーは、人に例えると呼吸器です。
人も空気の汚れたところで呼吸すると、喉がイガイガしたりしますからマスクをします。
そういうことに当てはめるとエアクリーナーのこともわかりやすいと思います。
エアクリーナーの交換時期は、一般的に距離数にして50000kmが目安といわれています。
でも、砂ぼこりの中を毎日走行しているというような環境下ではもっと短い距離で交換した
方がいいですね。
走行距離が増えると、汚れてしまうエアクリーナーですが取り替えないとフィルター部分が
目詰まりしてきます。すると、入ってくる空気の量が少なくなります。
入ってくる空気の量が少ないと、燃費の低下・エンジン性能の低下が起こってきます。
エンジンオイルの取り替える目安が15000km、もしくは1年に1回取り替えた方がよいと
いうので、エンジンオイルを3回取り替えるときを目安にすると、いいのではないでしょうか?
エアクリーナーを取り換えると、空気が十分に入ってくるのでエンジン性能は向上します。
結果、燃費が回復してエンジンがよく回ります。
掃除機のごみを捨てても吸引力は回復しないことがありますが、フィルターを掃除すると
吸引力が回復します。これと同じようなことがいえるのだと思います。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿

TOPへ戻る