エアクリーナーの寿命とは

2016年5月17日 / 未分類

車にはメンテナンスフリーではなくて交換しなければいけないパーツがあります。エアクリーナーもその1つです。外側からすぐに見えるものではないので交換のタイミングがわかりにくいものです。寿命を判断するのは運転した距離で判断していくのが基本です。通常であれば1万キロや1万5千キロなどの数字で判断されます。もっと長い距離の場合もありますが、これだけ幅が広いのは乗っている環境によるところが大きいです。人間が使用するもので例えると外部からウイルスなどが入り込むのを防ぐマスクのようなものと考えられます。当然砂埃が多いような環境で乗っていれば汚れが激しくなるので寿命が短くなります。綺麗な空気が澄んでいるような環境で乗っていれば、汚れにくくなり使える期間は長くなります。これが幅広い寿命である理由になっています。エンジンオイルなども同じような交換のタイミングであることが多いです。同時に交換してエンジンの寿命をのばすことが大変重要になってきます。汚れているものをそのまま使用してしまうと燃費が悪くなってしまいます。他にもパワー不足を感じるようになったり排気ガスも汚れてしまいます。性能や経済性が落ちているように感じたら即交換です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿

TOPへ戻る