ディーラーに売る場合のデメリットとは?

2016年2月19日 / 未分類

ディーラーに車を売る場合、下取りという形で引き取ってもらうことができますので、購入と売却が同時にできるというメリットがあります。しかしながら肝心の買取価格があまり高くないというデメリットもあるのです。ですから車を売る時には専門業者を利用した方が良いとされています。
なぜディーラーが安くなるのかと言えば、まず社外のオプションには価値を付けてくれないことが多いからです。基本的には純正品のみに対して価値を付けてくれますので、社外のホイールやカーナビ、エアロなどが装備されている場合でも買取価格には無関係になってしまうのです。その為、もしディーラーに売る場合、そして社外品が装備されている時にはオプションを外して別で売ってしまった方が良いこともあります。
買取専門店のようにオークション相場を参考にせずに価格を決定するのも理由のひとつです。買取専門店ではその時の市場価値を参考にしながら買取価格を決めていきますが、ディーラーの場合は独自の査定基準で価値を決定する為、人気の車種だったりする場合でもプラスαには期待できません。
その他にもディーラーが安い理由として引き取った処分を委託していることがあるからです。処分を委託する為に費用を掛けていますので、その分、買取価格も安くなってしまうことがあるのです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿

TOPへ戻る