ETCゲートの安全な通過の仕方って?

2014年8月19日 / 未分類

高速道路での料金所で停止する事無くスムーズな支払いが出来るETCは、とても便利で多くの方が利用されています。但し、使い方を誤ると事故が起こりかねません。まず料金所前方では、ゲートがどこの場所に設置されているかを確認しなければなりません。最近では料金所の手前から道路に色塗りがされておりレーンを間違わない様に案内されています。大きな料金所であれば複数のレーンがありますが、小さな料金所だとレーンが少なく料金所のわずか手前で慌ただしく車線変更を行わなければならず非常に危険です。料金所の手前に看板でゲート案内がイラストでされていますので道路のレーン案内と同様、見落とさない様にしましょう。又、料金所付近ではレーン案内通りに走行していても他の車が慌てて車線変更してくる場合もあります。割り込み等に注意を払わなければなりません。料金所を通過する時には最大限に注意をしなければなりません。料金所には無断で通過出来ないようにバーが設置されています。このバーは車が料金所を時速20キロメートル程度のスピードで走行すると丁度いいタイミングで開くようになっています。きっちり減速して走行しないとバーが開くタイミングが遅れて急ブレーキをかける事になり、後続車から追突される恐れがあります。逆に前方の車が急ブレーキをかけた時に自分が衝突するかもしれません。非常に便利なシステムですが安全運転を心がけて使いたいものです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿

TOPへ戻る