激しい雪の中でトラブルに!豪雪でトラブルに遭ってしまったときの対処法

2016年1月25日 / 未分類

積雪の多い場所を走行している時に見舞われしまう可能性があるのがスタックです。これは雪にタイヤが取られてしまって空転する状態ですが、もしもの際の為にも脱出方法を知っておくことが大切です。
基本的には雪を取り除くのが有効ですのでスコップを使って雪を除けるようにしましょう。そしていざという時の為にもスコップを常備しておくのが基本です。スコップで雪を除ける際にはよく状態を見極めて作業することが大切です。闇雲に雪を除けるよりも、空転する原因になっている箇所からどんどん除けた方が早く脱出することができます。雪によってタイヤが滑っている状態のこともあれば、ボディ下に雪が挟まって車体が浮いていることもありますので、どこが原因になっているかをまず確認してみましょう。
なかなか抜けられない時にはタイヤの下に敷物を入れてみるのも有効です。例えば緊急時にはフロアマットを利用する方法がありますが、フロアマットをタイヤと雪の間に挟めることによって摩擦が発生し、それによって脱出し易くなります。ただし、マットがボロボロになることもありますので、予め100円ショップなどでバスマットなどを用意しておくと便利です。
因みにスタックをしてしまい、脱出に時間が掛かりそうな時はエンジンを切ってバッテリーを節約した方が良いでしょう。特にバッテリーが弱っている時は上がり易くなっていますので注意が必要です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿

TOPへ戻る