本線への合流は加速することが重要な理由について

2014年8月19日 / 未分類

高速道路の本線に入る際、運転に不慣れな方はどうしても加速をすることに躊躇して、また、車線に入るタイミングがつかめず、時折車線に入ることができないまま停車させてしまっている場合があります。これは大変危険な行為です。高速道路では80km/h以上もの高速で自動車が走っています。そこに徐行に近い形で自動車が進入いたしますと、どうしても車線側の自動車はブレーキを踏まざるを得なくなります。しかも、それはほぼ急ブレーキに近い形となります。そのせいで後方車両が追突したり、また、雨などの場合ではスリップして車線を塞ぎ、重大な多重事故を引き起こしてしまうこともあるからです。したがって、高速道路においては、充分に加速をした上で、合流することが基本と申せます。一瞬の躊躇がアクセルを鈍らせて、その結果事故の連鎖につながるわけですから、前方と右後方をミラーや目視でよく安全を確認した上で、しっかりとアクセルを踏み込んで、充分な速度になった上で速やかに合流することを心がけなければなりません。高速道路は大変便利なものです。だからこそ、安全に利用するには、高速道路上でのルールと一般道におけるルールの違いというものをよく把握しておくべきと言えましょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿

TOPへ戻る