ほりがねの里で旬の味を楽しむ

2016年3月15日 / 未分類

自然豊かな長野県、冬季にはスキーヤーも多く訪れます。
ドライブ中に休憩するならこちら、「アルプス安曇野ほりがねの里」。

道の駅と言えばドライブ客の休憩所のイメージがありますが、ここでは地元客が多いのが特徴です。
物産センターは朝の7時から営業開始、とっても早起きです。
地元の農家が朝一に収穫した野菜や果物が販売され、新鮮野菜を求めてお客が殺到します。昼には売り切れていることも多いです。
野菜だけでなく、米や安曇野産の豚肉も取り扱っており、ちょっとしたスーパーになっています。
生産者名や農薬の使用量など事細かに記載があって、食の安全にとても気を遣ってくれています。
珍しい野菜が並ぶことも多々ありますが、レシピが掲載されているので、挑戦してみようかなという気分にもなります。

もちろんお土産コーナーも充実しています。
地元産の林檎を使ったリンゴジュースやジャムはお土産に最適です。
カイコの飼育セットなんてものも販売されており、着払いで自宅に届けてくれます。

物産センターに隣接している食堂「手作りかあさんのおむすびの店」は、平日でも長蛇の列ができるほどの人気ぶり。
値段がリーズナブルでボリュームたっぷりの定食はどれもオススメですが、やはりおにぎり定食が一番人気です。
素朴な味わいは日々の疲れや、ドライブ疲れに癒しを与えてくれます。

旬の味が楽しめる道の駅、一度は訪れてみて下さい。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿

TOPへ戻る