買い替えるならまずがディーラーに相談を!

2016年2月19日 / 未分類

中古車を売却する手段は大きく分けて「買取り」と「下取り」の2種類があります。この内、世間一般的に「買取価格が高くなりやすい方法」というと買取りと言われていますが、状況によっては下取りの方が買い替えの負担を減らせる場合もあります。

買取りの場合、中古車販売業者を利用して査定を受けることになりますが、この場合は「市場全体のニーズ」が買取価格に大きく影響してきます。市場全体として人気が高く、在庫として出回っている台数が少ない車種(需要>供給)の場合は買取価格は高くなり、逆の場合(需要<供給)は買取価格が低くなりやすくなります。これは時期によっても大きな違いがある為、買取りを利用する際にはしっかりとした情報収集とタイミングの見極めが必要になります。

これに対し、下取りは主にディーラーで行われます。ディーラーの場合、買取りにおける価格決定方法とは違った基準で価格が決定する為、上記にある「需要<供給」と言った場合でも安定した価格で買取ってもらえる可能性が高くなります。特に人気の高い車種であれば買い取りの方が得になる可能性が高いですが、買い取りであまり良い結果が出ない(相場参照)時にはディーラーに引き取ってもらった方が良い結果に繋がりやすくなります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿

TOPへ戻る