これさえおさえておけばOK!雪道での安全運転のポイントについて

2016年1月25日 / 未分類

冬になると自動車の運転で気をつけなければならないことがあります。それは路面の凍結や雪道の走行です。
このような路面を走行する場合はノーマルタイヤでは無理です。スタッドレスタイヤやチェーンを装着する必要もあり、事前にスタッドレスタイヤに交換を行い、タイヤサイズにあったチェーンを自動車に積んでおくことです。
雪の走行に慣れていない方や初めて運転する場合はとても危険なため注意しなければなりません。基本的には急のつく走行は禁物です。急発進や急ブレーキはスリップしてしまいます。また上り坂、下り坂やカーブが多い道はアクセルやブレーキ、ハンドルを多用しなければならないのでより注意が必要です。
もしドライブを行う場合などは天候の急変や標高が少し高くなるだけで雪が積もることもあります。そのため事前にドライブプランを立てておくことが大切です。
山道などは市街地と違い通行量も少なくすぐに雪が積もるということと、橋の上などは雪が凍結してしまうこともあり天候とともに事前に通る道を調べてドライブプランを立てます。
また実際に走行する場合は路面状態をよく確認して車間距離をよくとって走行します。路面が凍結しているような路面状態は特に車間距離をとっておきます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿

TOPへ戻る