高速道路で困ったときに考えるべき対処法について

2014年8月19日 / 未分類

自動車免許をもっている人ならば、教習所の練習を含めて一度は高速道路を走った経験があると思います。
高速と一般道との決定的な違いが走行スピードです。
その道路の速度制限にもよりますが、一般道の法定速度が60キロなのに対して、高速の法定速度は100キロです。
100キロものスピードになると、もし事故や故障などのアクシデントが発生したときに的確な行動をとることが困難かもしれません。
そのため、もしものアクシデントに備えた知識を持っておく必要があります。
高速で事故や故障があった場合、まずはハザードランプを点灯させて、できるだけ路肩に寄せるようにしましょう。
そして、そのまま車内にとどまると後続車から追突される危険が考えられますので、同乗者をガードレールの外側へ非難させて発炎筒、停止表示器材を車両後方に置きます。
停止表示器材は後方から見やすいように30メートルほどの位置に置くようにしましょう。
それらを設置したら、運転者もすぐにガードレールの外側へ非難し、1キロおきに設置された非常電話、もしくはご自身の携帯電話で救援依頼をしましょう。
車外に出るときは、車にはねられることのないよう十分注意することが大切です。
このように正しい対処方法を行うことで、新たな2次被害を起こさずに済みます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿

TOPへ戻る