高速道路の定義について

2014年8月19日 / 未分類

日本では高速道路の建設が進み、新たな道路が次々と開通します。
〇〇自動車などの表記である場合、定義上高速とは異なり、速度制限などの点で違いがあります。
ただ、有料道路であり、通常の一般道とは違い、交差点や信号機がなく、インターチェンジによる乗り下りとなることでは、概念上高速と何ら変わりがありません。
当然、高速となれば一般有料道路である〇〇自動車道や〇〇湾岸道などとは違い、速度超過の取り締まりにおいて制限速度が高く設定されているため、取り締まりを受けることへのボーダーラインが高いです。
しかし、例外もあり高速と名が付いていても、一般道で無料走行できる箇所も一部分で都市部に存在し、これらの多くの道路では自動車専用道路として歩行者や自転車などの走行ができないことが多いです。
これは、道路交通をしっかりと分けて円滑な交通を行うことが目的であり、国の重要なインフラ整備であります。
これら多くの自動車専用道路の概念としてすべて高速ということが概念上、理論付けられますが、高速と道路名にあり、有料にてインターチェンジなどを利用する方法の道路を高速と定義とされています。
主に交通において日本の大動脈などと言われることが多いでしょう。

 

コメントは受け付けていません。

最近の投稿

TOPへ戻る