個人取引のデメリットとは?

2016年2月19日 / 未分類

車を個人売買する人も増えています。売り手にとっては中古車販売業者や下取りに出すよりも高額で売却できるたり消費税がかからない、買い手にとっては手数料等を考えた場合中古車販売店などよりも安くなったり、なかなか見つからなかった欲しい車を探すことができる可能性があります。しかし個人売買を行うには、中古車販売店などから購入するのとは違うデメリットも存在しているのです。
個人売買の場合には、名義変更を自分で行わなければなりません。そのため、陸運局に書類を揃えたうえで出向く必要があります。他にも車庫証明を取得したり、書類上の手続きが多くなります。任意保険についても切り替えが必要となるため、引き渡し後すぐに乗りたいというような場合には、名義変更などのタイミングが難しくなってきます。
トラブルが起こった際には、自分たちで解決しなければならなくなります。購入後すぐに修理が必要なことが出てきたり、修理歴があった、というようなことは実際に起こっているのです。そのため、事前に書面として契約書を作成しておくなどの対処をしておくようにしなければなりません。他にも遠隔地での取引の場合の支払いや車の引き渡しについての方法など、決めておくべきことがたくさんあるのです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿

TOPへ戻る