値段がセダンと比べて高価

2016年4月19日 / 未分類

ステーションワゴンは、値段がセダンと比べると高いですがそれ以外にもデメリットはあります。
まず走行の安定性や静音性などが劣っていて、車体のデザインなども人の好みによってわかれます。
例えば、Lサイズのミニバンと比べたときにも積載性では劣っています。

また、セダンと違ってトランクルームがないところもデメリットかもしれません。
同じ室内にあるので冷暖房などの空調が悪くなりますし、荷物などに強い臭いなどがある場合は車内に広がる恐れもあります。
車重が増えると僅かに燃費が悪くなりますし、最初から荷物を積むことが考えられた車なので、サスペンションも固く、ボディも2ボックスなので剛性が落ちます。
更に足回り設定なども含めると、若干ハンドリング性能が落ちるかもしれません。

音に関してもリアタイヤからの音が響くので、気になる人は落ち着かつかないです。
ワンボックスと同じようにリアが立っているので巻き上げの泥をかぶり易く、リアガラスが直ぐに汚れるのでワイパーで綺麗にしておかないと後ろが見えなくなる危険性があります。
ただ、走行性能などが著しく下がるわけではないので、荷物重視な人や音が多少響いても良い方などは検討してみてもよいでしょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿

TOPへ戻る