路面状況の種類とは?雪道対策まとめ

2016年1月25日 / 未分類

一口に雪道と言っても、その路面状況は実に様々な種類が挙げられます。またその道路の場所や時間帯によっても大きく変化しますから、それぞれの特徴を知った上での対策が求められます。まず場所に関してですが、橋の上やトンネルの出入り口付近の道は、それ以外の道に比べて温度が低いと言う特徴があります。そのため、雪の量が多くなくても凍っている可能性もありますから、じゅうぶんにスピードを落として走行する必要があります。また時間帯に関しては、やはり昼間に比べると、朝晩は道路が凍りやすいですから、通勤時や帰宅時はやはり細心の注意が求められます。次に積雪の状況ですが、新雪が積もったような雪道の場合は、冬用のタイヤをはめていればほぼ問題なく走行することができます。そう言った意味では、やはり雪が降る地域においては、冬の間は冬用タイヤを装着することが基本的な雪道対策と言えます。轍などにハンドルをとられた場合は、焦ってハンドルを切るのではなく、少しずつハンドルを動かす方が安全です。しかし、比較的気温が高い時に降った雪は水分が多いため、固まらずにべちゃっとした状態で道路に広がります。この路面状況は、いわば雨の時のそれと似た要素を含んでいるため、ハンドルがとられやすくスリップも起こりやすい状況と言えます。ですから、急ハンドルや急発進は厳禁です。更に溶けた雪の水分が、気温の低下や時間帯の変動によって凍ると、積雪時よりも滑りやすい『アイスバーン』と言う路面状況ができあがってしまいます。この場合は、とにかくなるべくスピードを落として走行すること、ブレーキを踏む際もゆっくりと踏んでいくことが対策としては求められます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿

TOPへ戻る