専門業者に売る場合のデメリットとは?

2016年2月19日 / 未分類

車を買い替える場合、それまで乗っていた車は売ってしまうことになります。新車を購入する場合はどのメーカーの車であっても下取りと言う形でそれなりの価格でディーラーが引き取ってくれます。しかし一般的に同じ車を単純に売るよりは遥かに高い値で買ってくれるように思えますが実際は新車購入の値引きサービス的な意味合いが多分に含まれています。
従って中古車を購入する業者に引き取ってもらったりした場合には買い取り値は安くなってしまいます。
そこで、車の買取専門業者であれば独自の販売網を持っているため、かなり高い相場で買い取ってもらえるという事もあり、最近では売買ともに買取専門業者が人気になっています。
しかし買取専門業者に売る場合にもデメリットはあります。業者によって得意とする車のジャンルが違う事は珍しくないのですが、案外この得意分野を公開せずに何でも買い取るという業者も少なくないからです。販売網で得意な車種やメーカーなら高く売れる為買取金額が良くても、不得意な車種では一般より相場が低い事があるのです。また常に市場の需要に敏感ですから短期間で評価が下げられこともあります。面倒がらずに複数社から見積もりを取らなければいけないのです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿

TOPへ戻る