速度感覚が鈍る理由について

2014年8月19日 / 未分類

速度超過の取り締まりを受ける場合、スピードの感覚が麻痺していることがあります。
とくに、高速道路を走行していて高速を下りた後で、一般道を走行すると、スピードが出ていても遅く感じることがあります。
高速道路と連結する道路は国道などの大きな道路が多いです。
しかも、下りた道路で走行する車が少ない場合、道路がすいていることでスピードを出しがちとなります。
スピード感は、視覚によるものばかりではありません。
高速を走行していたことで、エンジンの音やアクセルを踏む感触、早く目的地まで行こうという焦り、など運転においてのすべての感覚が高速に合ってしまっています。
自動車にはスピードメーターが付いているため、一般道でのスピードオーバーはメーターを確認する行為のみで、避けることが出来ます。
取り締まりを受けて、スピードを確認した時に、ドライバーがそれほどスピードが出ていなかったという人がいますが、これは視覚によるものであり、メーターの確認を怠ったことによる結果となります。
スピードを視覚のみで評価することは間違いです。
取り締まりを受けた本人も本当は聴覚、視覚、触覚などで思い当たる点が必ずあるはずです。
目的地到着を焦るあまり、スピードを出し過ぎる気持ちをいかに抑えるかが大切です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿

TOPへ戻る