都市高速道路とは

2014年8月19日 / 未分類

現代は、自動車社会とも言われているのです。一家に一台から一人一台へと変化してきており、まさに自動車が日常生活に欠かすことが出来なくなりました。
高速道路は、遠方の目的地まで短時間で行くことができる大変便利な道路です。しかし、日本各地の都市部を走行している高速道路は、毎日渋滞していて不便な道路となっています。便利なはずの高速道路が課金されて渋滞するという状態となっています。
日本での高速道路にも幾つかの分類が存在しており、一般的にはあまり知られていません。例として首都高速道路と東名自動車道では、法律上でも別の分類となっています。これらの分類でも都市部を走行する高速道路は別の分類に位置づけられています。
日本における都市高速道路とは、6路線存在していて首都高速、阪神高速、名古屋高速、福岡高速、北九州高速、広島高速がそれに当たります。それぞれ6都市を通行していて自動車のみに通行が制限されています。
これらの道路の目的は、都市部における都市機能を維持し、増進されることを目的として建設される自動車専用道路で、当該道路のみで交通網を構成しています。その目的から都市計画において定められた道路であることや国や地方公共団体以外が事業を遂行するなどの点から特別の類型を形成しています。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿

TOPへ戻る