料金所でお金が足りない時の対処法って?

2014年8月19日 / 未分類

高速道路を走行していて、ETCカードの有効期限が切れていたり財布を忘れたり、何らかのトラブルによってお金が足りなくなることがあります。
このようなケースは料金所ではよくある話ですので、きちんと対応方法がマニュアル化されており、運転手は係員の指示に従って行動すればよいので慌てる必要はありません。
まず、バーを開閉してもらえますので、車を移動するよう誘導され、最寄りの事務所へ案内されます。
運転免許証の提示、氏名や住所の確認などの手続きを済ませて、指定された期日以内に料金を所定の事務所へ持っていく、あるいは振込を行う仕組みになっています。
例えば、現金がなくETCカードしか持っていないのに一般レーンに入ってしまったというケースの場合でも、係員にその旨を伝えればETCカードで支払う事が出来ます。
また、お金は足りないがクレジットカードは持っているという場合、クレジットカードでの支払いが可能な高速道路もありますので、まずは係員に相談して下さい。
無銭であると気付いた時でも慌てないようにしましょう。車に乗っていてパニックを起こすと重大な事故を起こしかねません。
係員も慣れていますので、未払いだと言って警察を呼ばれるなどの重大な事件には発展しません。
まずは、落ち着いて行動をして下さい。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿

TOPへ戻る