用意しておきたい道具はコレ!雪道を走るときのポイント

2016年1月25日 / 未分類

雪のシーズンが到来すると地域によっては、沢山の積雪が観測される場合もあります。道路の路面が雪で覆われてしまい見えない状態となり、しかもその上に雪が降り積もる形となります。

つまり自動車は雪の上を走行することとなりますので、運が悪ければスリップなどして、側溝やスタックにはまってしまうこともあります。そのため、雪道を走るポイントとしては、そういった万が一、タイヤがはまった場合に備えて道具を揃えて置く事が必要不可欠です。

まず一番、用意した方が良いものは、道路上に存在する雪をどかすスコップです。このスコップでは、滑りの原因となるタイヤの周囲の雪をどかすことで対応することが出来ます。

またポリカーボネイト製のスコップであれば、壊れにくいこともあり、しかも車で踏んでも壊れる心配がないので大変、重宝します。その他に側溝にはまったりした場合には、自力で脱出することが困難であるケースが多いです。

そういったケースでは牽引ロープがあれば、応援を求めて、他の自動車に取り付けて引き上げにも使用することが可能となります。その他にはスタック対策としては、はまっているタイヤの下部分に脱出プレートや毛布などを置くことで脱出出来るケースもあります。

雪道を走行する上でのポイントは、万が一に備えてスコップや牽引ロープ、脱出プレート、毛布などを常時、車に積んでおくことです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿

TOPへ戻る