ゆとり運転が重要!雪道では「譲る気持ちで」がポイントなんです

2016年1月25日 / 未分類

初めて雪道やアイスバーンを走るときは、本当に緊張するものです。雪国で長年生活しているベテランドライバーでも同様です。信号機でブレーキをかけると、タイヤがスリップして前のクルマに衝突しそうになったり、カーブを曲がる時にスピンしてしまったり、坂道ではタイヤが空回りして進めなかったり、またハンドルが取られて対向車線に飛び出してしまうことも少なくありません。

このようなトラブルを避けるために最も重要なことは、スピードを出さないということです。そのときの天候や路面状況によっても変わりますが、平常時の制限速度よりも遅く走ったり、前方のクルマと車間を大きく開けたりするなど、とにかく無理をせず、安全運転を心がけることが大切です。雪の道で追い越しをかけるときも、車線付近の雪が盛り上がっていてハンドルを取られてしまうことも多いので、無理をしないようにしましょう。怖くて他のクルマよりもゆっくり走る場合は、いつでも譲る気持ちを持って、追い越されるときは左側によって追い越ししやすいようにしてあげるとトラブルを避けることができるでしょう。なお、スタッドレスタイヤ選びも重要です。多少高額でも性能の良いタイヤを購入することをおすすめします。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿

TOPへ戻る