自分でもできる交換方法を知ろう

2016年5月17日 / 未分類

車のバッテリーは交換方法が簡単なため、工具と知識さえあれば自分で交換することが可能です。
ゴム手袋やスパナのほか、必須ではありませんが目を保護するためにメガネを着用します。メモリー機能により各種設定状態が保存されている場合、バッテリーの取り外しによりメモリーの内容がリセットされてしまうことがあるため、必要であればバックアップ電源も準備します。
事前に必ずエンジンを切り、各種ライトはもちろんルームランプなど、電源を必要とする全ての機器をオフしておきます。
バッテリーを固定しているステーを外した後、バックアップ電源のプラス側のケーブルの先を、バッテリーのプラス極へ接続、続いてマイナス側のケーブルの先をバッテリーのマイナス極へと接続します。これでバックアップ電源が接続されたため、メモリーの内容がリセットされることなくバッテリーを外すことが可能となります。
バッテリーのマイナス極からターミナルを外し、プラス極のターミナルも外します。古いバッテリーを取り除き、新しいバッテリーを設置します。新しいバッテリーのプラス極にプラス側のターミナルを接続し、続いてマイナス極にターミナルを接続します。
バックアップ電源のマイナス側ケーブルを外し、プラス側ケーブルも外した後、最後にバッテリーをステーで固定し終了です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿

TOPへ戻る