自動発券機の操作方法について

2015年10月5日 / 未分類

自動車やオートバイでの移動がスムーズに行える高速道路ですが、高速道路に進入する際は入口でチケットを受け取り、出口で通行料金を精算するのが一般的です。都市高速や有料道路など、一部の道路では料金が先払いのところもありますが、距離の長い一般的な高速道路の場合は、前述の通り入口でチケットを受け取る形式がほとんどです。


さて、チケットを受け取る際は、自動発券機を使うところがほとんどです。操作方法はいたって簡単で、発券機の前ぐらいで車を停車させ、発券機から出されるチケットを受け取るだけです。高速道路は、車種別に通行料金が異なるため、発券機からチケットが発行される際は、自動的に車種が判別される仕組みになっています。そのため、チケットを受け取る際にわざわざドライバーが特別な操作を行う必要はありません。ただ、左ハンドル仕様の外国車に乗っている場合は、左ハンドル専用の発券機を使う必要があります。レーンの右側の発券機のボタンを押すと、レーンの左側にある発券機からチケットが発行される仕組みになっています。また、最近では「ETC」と呼ばれる料金を自動で支払うシステムが普及しており、自分の自動車やオートバイにETCを導入することで、料金をスムーズに支払うことが出来ます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿

TOPへ戻る